読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長めのつぶやき

アラサーでジャニーズにハマってしまった女の今

宇多田でJUMP 〜有岡、山田、髙木編〜

90年代にガラスの十代を過ごした私にとって、小室ファミリー宇多田ヒカルは未だに特別な存在。

JUMPを除くと、iPodで流すのは新しい曲よりその当時の曲ばかりなんです。

(今のBGMは宇多田全曲シャッフル)

 

ということで、風呂で唐突に思いついた【宇多田の曲でJUMPメンバーを例えるならこの曲】というのをやってみます。

 

■甘いワナ〜Paint It, Black〜

有岡大貴

タイトル通りですよ。

【有岡大貴=甘いワナ】

「甘いワナ、柔らかいだけじゃない」

「幼い笑顔に油断してたのか 無防備狙われ」

このネタを思いついたキッカケの曲です。

入口はヒルナンデスだったり、カワイくて太陽みたいな笑顔だと思いますが、

メンバー内での振る舞いやラジオでの話し方なんかを知るとまた別の顔が見えてきて、あれ?有岡くんて意外とかわいいだけじゃなくね?と気付いたところで、コンサートでズドンと落ちる。

もちろん【有岡大貴=甘いワナ】の方程式が完成しますよねぇ。

 

My GirlもRELOADも聞いた時に感じたのは宇多田っぽいな〜ということだったんですが(他を知らないのでw)、

DJもしてる大ちゃんなのでダンスミュージックやR&Bが好きなんでしょうね。

音楽のジャンルに詳しくはない私ですが、ベイジャンの選曲聞いててもそんな感じがしてます。

何より待受がジャスティン・ティンバーレイクですからねぇ、ほんと爆モテ岡大貴先生!

ヒルナンでもろこしをワンパクに食べてるかと思いきや、ほんと、ふとオス出してくるし、沼!!!(私はいのお担です)

 

■First Love

山田涼介

言わずと知れた名曲。

ドラマ魔女の条件の主題歌でもありました。

そんな名曲のイメージは山ちゃんだし、なんなら山ちゃんに歌って欲しい。

彼の歌い出しのかすれ具合というか声の出し方は、こういう曲をカバーするのに向いてるなぁと前々から思ってた。

彼の声には切なさ、儚さ、愛しさ…

いや、愛しさとせつなさと心強さと、がすべて詰まっていて、ほんとに歌声が大好きなんです!!!(私はいのお担です)

彼自身もロマンチストだし、料理や趣味の面で女子力の高さも垣間見れますが、でもやっぱり男らしいんですよね。

そんなエースに、私は、悲しい初恋をして欲しいっっっ(大声)。

そしてそのあとどんな恋をしても、悲しい初恋に囚われていてほしい!

歌の主人公は女性のようですが、「今もこれからも唯一の人」だなんて山ちゃんが言いそうじゃないですか。

ってことで、First Loveは山ちゃん。

 

■Celebrate

髙木雄也

バックホーンの山田将司をゲストボーカルに迎えたアルバムのコラボ曲。

ザ!パーティーピーポー in サマーな曲で、

私の脳内PVは、

時間帯は夕方から夜、

場所はプールサイド(歌では海って歌詞もあるんですがw)、

衣装は水着で、男女入り乱れてのどんちゃん騒ぎ、

で完成してるんです。

そのPVの主演で髙木くんをキャスティングしたい。

アメリカの中流以上の子が通う私大サークルが主催した感じというか、

日本のパリピのウェイ系じゃなくて、アメリカのカラッとしたハッピー感がテーマなので、いろんな子がいるわけです。

そのなかでもひときわ目立つのが、友人に誘われて嫌々来てる髙木くん。

ハーパンの水着にパーカ姿で、あのでかい紙コップでレゲエパンチかなんか知らんけどやっすいお酒飲んでて、

ギャルから声をかけられたり、地味めお堅い系女子からも熱視線を向けられてるのにつまんなそうな顔をしてる。

そこでふと、スローモーションになり、人と人のすき間から清楚系のかわいい子が髙木くんの視界に入るわけです。

その子はプールにもかかわらず、シンプルなワンピース姿(ラルフローレンかな?)で友人と談笑してる。

そして、髙木くんの真っ直ぐな視線と彼女の視線が交錯して…というワンサマーラブのはじまる瞬間を描く!

 

やっべ、いちばん気合い入ったのがゅぅゃになっちゃった。

 続く、かな?